本連載ではこれまで「経済学ディシプリン」「心理学ディシプリン」「社会学ディシプリン」の順に、約30の主要経営理論をすべて解説してきた。しかし、理論は現実(=ビジネス現象)に応用されてこそ意味がある。理論を「横軸」とすれば、「縦軸」がビジネス現象だ。今回から始まる「最終部:マトリックス編」では、この横軸の理論と縦軸のビジネス現象領域の関係を整理し、「世界標準の経営学では、それぞれのビジネス現象領域に、どの理論がどのように応用されているか」を解説していく。