2019.07.24

ダイバーシティ研修は狙い通りの効果を上げているか

人種や性別に対するバイアスを乗り越える

エドワード H. チャン

エドワード H. チャン

ペンシルバニア大学ウォートンスクール 博士課程学生

オペレーション・インフォーメーション・ディシジョン学部に所属。

キャサリン L. ミルクマン

キャサリン L. ミルクマン

ペンシルバニア大学ウォートンスクールのジェームズ G. キャンベル・ジュニア記念講座助教授

専門はオペレーションズ・アンド・インフォメーション・マネジメント。The Wiley Blackwell Handbook of Judgment and Decision Making(未訳)の中の1章 “A User’s Guide to Debiasing”の共同執筆者。

ローラ J. ザロー

ローラ J. ザロー

ペンシルバニア大学ウォートンスクールのウォートン・ピープル・アナリティクスのエグゼクティブ・ディレクター

シリウスXMラジオのチャンネル132、ウォートンスクール・ビジネスラジオの番組「ウィメン@ワーク」のホスト。

カサンドラ・ブラボー

カサンドラ・ブラボー

フリーランスのジャーナリストで、キャサリン L. ミルクマン教授の書籍アシスタント。

ディーナ M. グロメット

ディーナ M. グロメット

ペンシルバニア大学ビヘイビア・チェンジ・フォー・グッド(BCFG)イニシアティブのエグゼクティブ・ディレクター

レブ・リベル

レブ・リベル

ウォートン・ピープル・アナリティクスの研究員

ペンシルバニア大学の応用ポジティブ心理学修士プログラム(MAPP)で教鞭をとる。

ケード・マッシー

ケード・マッシー

ペンシルバニア大学ウォートンスクールの実務教授

研究対象は、不確実な状況における判断とピープルアナリティクス。

プロスポーツの人材評価に長年の経験がある。ツイッターは@bcmassey

アンジェラ L. ダックワース

アンジェラ L. ダックワース

ペンシルバニア大学クリストファー H. ブラウン記念講座心理学教授。キャラクター・ラボの創設者兼CEO。『やり抜く力』の著者。

アダム・グラント

アダム・グラント

ペンシルバニア大学ウォートンスクール 教授

『ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代』の著者。

DHBR2022年12月号『プラットフォームを戦略的に活用する』発売!
定期購読のご案内
メルマガのご案内
法人プラン
EIシリーズ最新刊『人の上に立つということ』
サステナビリティ経営の実践
自己成長
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
デジタル時代のHR戦略

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2022年12月号

特集:プラットフォームを戦略的に活用する

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない