2020.12.01

自律型ロボットは消費者の幸福度を本当に高めるのか

マーケティングで実践すべき3つのポイント

アシュレー・ウィランズ

アシュレー・ウィランズ

ハーバード・ビジネス・スクール 助教授

画像

同校の交渉・組織・市場ユニットに所属。MBAの学生やエグゼクティブを対象に「交渉」と「モチベーションおよびインセンティブ」のコースで教鞭を執る。エンゲージメントに対する非金銭的報酬の役割、時間・金銭・幸福の間のつながりを中心に研究を行う。著書に『TIME SMART(タイム・スマート)』がある。

エマヌエル・デ・ベリス

エマヌエル・デ・ベリス

ローザンヌ大学 助教授

マーケティングを担当。研究テーマは、自律型の製品に対する消費者の認識と使用。心理学とテクノロジーの歴史、そして新しいテクノロジーが未来の社会をどう形成するかに関心を持つ。

ファビアン・ニンドル

ファビアン・ニンドル

ウィーン経済・経営大学 助教授

画像

マーケティングを担当。研究テーマは、テクノロジー主導の消費者行動とパーパスドリブン型マーケティング、スポーツリテイリング。

トビアス・シュラーガー

トビアス・シュラーガー

ローザンヌ大学 HECローザンヌ 助教授

マーケティングを担当。主な研究分野は、消費者とテクノロジーの相互作用、テクノロジーが媒介する環境が透明性にもたらす影響。

DHBR2022年9月号『チームを成長させる「世代」の力』発売!
定期購読のご案内
メルマガのご案内
法人プラン
EIシリーズ最新刊『人の上に立つということ』
サステナビリティ経営の実践
自己成長
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
デジタル時代のHR戦略
論文セレクション

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2022年9月号

特集:チームを成長させる「世代」の力

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない