2021.10.18

集合知で予測の精度は高まるが、正しい決断を下せるとは限らない

グループ討議の「罠」を回避する3つの戦略

ジョシュア・ベッカー

ジョシュア・ベッカー

ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン 経営大学院 助教授

組織論およびイノベーションを担当。紛争仲裁や意思決定ファシリテーションの実務家としての10年以上にわたる経験に基づき、集合知と意思決定を中心に研究を行う。

ダグラス・ギルボ

ダグラス・ギルボ

カリフォルニア大学バークレー校 ハーススクール・オブ・ビジネス 助教授

組織マネジメント論を担当。バークレー・インスティテュート・フォー・データサイエンス(BIDs)のファカルティ・アフィリエイトでもある。ハーススクール・オブ・ビジネスではピープルアナリティクスを教え、集合知と組織文化を中心に研究を行う。

エドワード(ネッド)・スミス

エドワード(ネッド)・スミス

ノースウェスタン大学 ケロッグスクール・オブ・マネジメント 准教授

マネジメント論および組織論を担当。人と組織が周辺の社会的ネットワークに存在するリソースをいかに活用するか、あるいは無駄にしてしまうのはなぜかについて研究を行う。同校のエグゼクティブプログラムでは、共同ディレクターとしてチェンジマネジメントを担当し、組織設計や戦略的提携、因果推論の講義で教鞭を執る。

DHBR2023年1月号『営業組織を強化する』発売!
定期購読のご案内
メルマガのご案内
法人プラン
EIシリーズ最新刊『人の上に立つということ』
サステナビリティ経営の実践
自己成長
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
デジタル時代のHR戦略

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2023年1月号

特集:営業組織を強化する

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない