2021.11.08

ヤフーはサイバーセキュリティを重視する組織文化をいかに構築したのか

従業員の行動は指導や研修だけでは変わらない

ケリー・プローソン

ケリー・プローソン

サイバーセキュリティ・アット・MITスローン エグゼクティブディレクター

研究対象はサイバーセキュリティ分野における組織、戦略、マネジメント、リーダーシップの課題。現在はサイバーセキュリティ文化の構築を中心に研究を行う。博士。

ショーン・スポジート

ショーン・スポジート

ヤフー プロアクティブ・エンゲージメントチーム メンバー

以前は業界アナリスト、ジャーナリスト、コンテンツストラテジストとして活動。

マーシャ・アルビスマン

マーシャ・アルビスマン

行動科学者

前職ではヤフーの行動科学者、セキュリティアナリスト、トレーニング専門家、データビジュアライザーで構成されるチームを運営し、従業員のサイバーセキュリティ行動の改善に取り組んだ。カリフォルニア大学デイビス校で定量心理学の学士号を取得。学習、消費主義、サイバーセキュリティにおける人間行動に焦点を当てた活動を行う。

ジョシュ A. シュワルツ

ジョシュ A. シュワルツ

ヤフー パラノイズ テクニカルセキュリティ担当 シニアディレクター

ヤフーの情報セキュリティチーム「パラノイズ」でテクニカルセキュリティ担当シニアディレクターを務める。彼が統括する組織は、攻撃的セキュリティ評価、レッドチームの運営法、セキュリティ文化を後押しするプロダクトの構築、行動変容の施策に取り組む。

DHBR2022年9月号『チームを成長させる「世代」の力』発売!
定期購読のご案内
メルマガのご案内
法人プラン
EIシリーズ最新刊『人の上に立つということ』
サステナビリティ経営の実践
自己成長
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
デジタル時代のHR戦略
論文セレクション

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2022年9月号

特集:チームを成長させる「世代」の力

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない