2022.01.31

オーバーワークによる弊害を防ぐために、自分の身体の声に耳を傾けよう

「理想の労働者」という規範に縛られていないか

ステファニー・クリアリー

ステファニー・クリアリー

ペンシルバニア大学ウォートンスクール 助教授

マネジメント論と組織行動論を担当。組織において複数のアイデンティティ、境界線、インクルージョンがもたらす緊張に対処し、それらを管理する方法を研究する。

カレン・ロック

カレン・ロック

ウィリアム・アンド・メアリー大学 レイモンド A. メイソン・スクール・オブ・ビジネス 教授

ウィリアム・アンド・メアリー大学レイモンド A. メイソン・スクール・オブ・ビジネスのパット・アンド・マーガレット・ウォルシュ記念講座教授。リーダーシップと倫理学を担当。現在の研究分野は「安定と変化」の具現化。定性研究において、データ分析とライティングの実践による効果を検証する。アカデミー・オブ・マネジメントのリサーチ・メソッド・ディビジョン(RMD)で2019年の「ディスティングイッシュト・キャリア・アワード」を受賞した。

DHBR2022年9月号『チームを成長させる「世代」の力』発売!
定期購読のご案内
メルマガのご案内
法人プラン
EIシリーズ最新刊『人の上に立つということ』
サステナビリティ経営の実践
自己成長
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
デジタル時代のHR戦略
論文セレクション

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2022年9月号

特集:チームを成長させる「世代」の力

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない