2022.02.22

従業員の自律性を高めるためにテクノロジーを活用する

統制の強化や判断権を奪うことが目的ではない

イーサン・バーンスタイン

イーサン・バーンスタイン

ハーバード・ビジネス・スクール 准教授

画像

ハーバード・ビジネス・スクールのエドワード W. コナード記念講座准教授。経営管理論を担当。組織行動学ユニットに所属。共著論文にHow Intermittent Breaks in Interaction Improve Collective Intelligence(PNAS, 2018)がある。ツイッターは@ethanbernstein

マイケル・リー

マイケル・リー

INSEAD 助教授

組織行動論を担当。ツイッターは@yanche

ユースト・ミンナー

ユースト・ミンナー

共著書にCorporate Rebels, Make Work More Fun(未訳)がある。ツイッターは@corp_rebels

定期購読のご案内
メルマガのご案内
法人プラン
EIシリーズ最新刊『人の上に立つということ』
サステナビリティ経営の実践
論文セレクション

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2022年7月号

特集:顧客体験を変える

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない