Heide Benser/Getty Images

手をつけなくてはならないのに、重要な仕事を先延ばしにしてしまうという経験は誰にでもあるだろう。「最も困難で最も重要な仕事から先に片づければよい」という助言は、言うほど簡単ではない。いざ取りかかろうとしても、ハードルが高く実行不可能に思えたり、失敗するリスクを過大評価したり、日常の雑務に追われて「仕方ない、また今度にしよう」と言い訳したりしてしまう。そこで著者が勧めるのは、戦略的に「自分自身を騙す」方法だ。本稿では、負担が大きく煩わしいが、本当にやらなければならない仕事に着手するための3つのテクニックを紹介する。


 生産性向上に関する一般的なアドバイスとして、「カエルを食べてしまえ!」というのは誰もが耳にしたことがあるだろう。つまり、最も困難で最も重要な仕事を先に片づければ、先延ばしによって丸一日を無駄にすることもない、というものだ。もちろん、それは言うほど簡単なことではない。

 大事な仕事を先延ばしするのは、感情が先立って、どうしても手をつけられないからであることが多い。頭では、逆効果になってしまうことを理解していても、である。たとえば、間抜けと思われるのが怖い(「初めてだから、うまくできないかもしれない」)、どうやって進めればよいかわからない(「やることがたくさんありすぎて、いったい、どこから始めればよいのか」)といった理由だ。

 しかし、その仕事の優先度が高いのに正当な理由があるならば、いずれは終わらせなければならない。ほとんどの人は、遅いよりは早いほうがよいと、少なくとも頭ではわかっている。

 筆者は長年にわたり、「重要だとわかっていても、人間の衝動に邪魔をされて手をつけようと思えないことを、どうすればやれるようになるのか」という疑問について、研究を重ねてきた。新著『ロングゲーム』では、負担が大きく煩わしいが、本当にやらなければならない仕事に着手するために「自分自身をだます」戦略を勧めている。あなたにも試してみてほしいテクニックを3つ紹介しよう。

 ●簡単な行動変容から始める

 やり遂げたい仕事が大きく複雑で、長期的なものである場合、目的地に向かって走り続けるには、かなりのモチベーションが必要となる。

 企画書を仕上げるにも、重要なクライアント向けのプレゼンテーション資料を準備するにも、一般に多くの時間と多くのステップを要する。たとえば、ブレインストーミングを行い、概要をまとめ、実際に起草したものを修正し、フィードバックを受けたら、さらに修正を重ねるといった具合だ。ではどうすれば、そのモチベーションを持続できるのだろうか。

 スタンフォード大学行動デザイン研究所の創設者兼所長で行動科学者のB. J. フォッグによれば、モチベーションを持続しようと思うことすら、やめたほうがよいという。「簡単にできる行動ならば、モチベーションに頼る必要はない」

 フォッグは、目の前の大きなタスクに目を向けるのではなく、抵抗しようがないほどささやかで、実行可能な「小さな習慣」をつくることを提案している。彼自身、デンタルフロスを習慣化したいと思った時に、1本の歯だけにフロスをかけると決めて始めたという。何かを始めるのは往々にして難しいものだが、1本の歯ができれば、それに続けて全部の歯にフロスをかけることがずっと容易になる。

 目指すべきは、緊張したり、嫌だと感じたりすることが何であれ、ハードルを下げて、小さく始める方法を見つけることだ。たとえば、受信メールの多さにうんざりしている場合、1通だけ返信してみる。ネットワーキングイベントが苦手な場合には、1人にだけ歩み寄り、自己紹介をしてみる(その後、帰ってもよいことにするが、帰りたくなくなるかもしれない)。