キャメル・ヤマモト/まだら模様で考えるグローバル人材論

日本企業のグローバル化をどう定義するか。この問題への解としての枠組みは、日本の企業経営の現状と将来に即した形で提示されていないようだ。そもそも現在の日本企業は、程度の差はあれグローバル化の影響を受けている。本連載では、日本的な経営と外資的なそれが混在するこの状態を「まだら模様」と呼ぶ。言い換えれば、外資的経営の「浸透度」を認識することで、日本企業における組織と人材の目指すべき方向性がクリアになる。

 

 

 

DHBR2022年9月号『チームを成長させる「世代」の力』発売!
定期購読のご案内
メルマガのご案内
法人プラン
EIシリーズ最新刊『人の上に立つということ』
サステナビリティ経営の実践
自己成長
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
デジタル時代のHR戦略
論文セレクション

アクセスランキング