【特別寄稿】東京理科大学大学院イノベーションレビュー

あれほど強かった日本企業がなぜ――。半導体、エレクトロニクス産業の現状を見て、そんな思いを抱く人は多いだろう。この疑問を解くカギが技術経営(MOT)である。日本企業復活の出発点は、過去の失敗を正しく認識し、そこから学ぶ姿勢を持ち続けることだろう。今回、その学びを先導してくれるのが、東京理科大学大学院イノベーション研究科研究科長の伊丹敬之教授である。伊丹教授の誌上講義を、3回シリーズでお届けする。

DHBR2022年10月号『DXを成功に導く組織のデジタルリテラシー』発売!
定期購読のご案内
メルマガのご案内
法人プラン
EIシリーズ最新刊『人の上に立つということ』
サステナビリティ経営の実践
自己成長
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
デジタル時代のHR戦略
論文セレクション

アクセスランキング