2022.07.20

「デジタルノマド」のためのビザが地域経済を活性化させる

新たなアイデアやプロジェクトを創出する

プリトラージ・チョードゥリー :ハーバード・ビジネス・スクール 准教授

プリトラージ・チョードゥリー

ハーバード・ビジネス・スクール 准教授

ハーバード・ビジネス・スクールのルミリー・ファミリー記念講座准教授。以前は、ペンシルバニア大学ウォートン・スクールの助教授を務めていた。主な研究テーマは「仕事の未来」で、特に「仕事の地理学」の変化に重点を置いている。具体的には、労働者の地理的移動が生産性に与える影響、地理的移動が生じない理由、「ワーク・フロム・エニウェア」(WFA)や「オールリモート」といったリモートワークが生産性に与える影響について研究を行う。『ハーバード・ビジネス・レビュー』誌に「Our Work-from-anywhere future」(邦訳「リモートワークで組織の生産性を高める方法」DHBR2021年2月号)を寄稿。

DHBR2022年10月号『DXを成功に導く組織のデジタルリテラシー』発売!
定期購読のご案内
メルマガのご案内
法人プラン
EIシリーズ最新刊『人の上に立つということ』
サステナビリティ経営の実践
自己成長
デジタルトランスフォーメーションの衝撃
デジタル時代のHR戦略

アクセスランキング

DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

2022年10月号

特集:DXを成功に導く組織のデジタルリテラシー

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによっては販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合もございます。)

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない