保存する
保存しました
削除する
削除しました
シェア
シェアしました
PDFを購入する
印刷する
会員限定機能です。詳細はこちら
PDFダウンロード
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。詳細はこちら
電子版で読む
有料会員限定機能です。詳細はこちら
PR

地方の経営者‧役員500人への独自調査で判明。衰退か成長かの岐路に立つ地方銀行が「法人営業」で生き残る道とは?

2023.10.12
サマリー:衰退か成長かの岐路に立つ地方銀行。その経営の要である「法人営業」に関して、三大都市を除く地方の経営者・役員層500人への独自調査で判明した地銀の圧倒的な存在感と抱える課題、その解決法を紹介する。

衰退か成長かの岐路に立つ地方銀行。その経営の要である「法人営業」に関して、地銀従事者の認識と顧客からの期待にズレがあったことが判明した。地銀従事者100人及び、東京・大阪・名古屋の三大都市を除く地方の経営者・役員層500人へ独自調査の結果を紹介する。

 今回、地銀従事者への調査では、大口取引が多いメイン顧客に対して「十分な人員・時間を割いてサービスを提供したり、接点を持ったりできているか」という問いに「できていない」と答えた割合は55%に上った。人員不足やDXの遅れによる業務の増大で忙しすぎる法人営業が、このような課題感を持っていることが分かる。

 しかし一方で、三大都市を除く地方の経営者・役員層500人への調査によれば「毎回会社まで訪問してほしい」と思っているのは全体の24%と少数派で、企業と地銀の間に認識ギャップがあることが分かった。今後地銀は顧客とどのように接点を持てばいいのか。本資料では、これらの課題を解決するために活用すべき地銀の強みや、新たな接点の持ち方として、インサイドセールスを含めた具体的なソリューションを提示している。メガバンクとの差別化を図り、地銀の生き残る道を模索するためにぜひご一読いただきたい。

資料請求・ダウンロードフォーム

地⽅銀⾏の法⼈営業の未来
独自調査で分かった
デジタルで築く効果的な接点と地域貢献

<主な内容>
・調査から⾒えてきた地⽅銀⾏の法⼈営業における課題
・地銀⾏員の調査結果~法人営業は「忙しすぎる」
・地⽅の経営者‧役員層の調査結果~お客様が本当に求めていることは   ほか

※必ずお読みください

========================
これからご登録いただくあなたの個人情報はベルフェイス株式会社(同社のプライバシー・ポリシーはこちら)に渡されご案内などに利用させていただきます。ダイヤモンド社のプライバシー・ポリシーはこちら
========================
お問い合わせ
ベルフェイス株式会社