<PR>

2022.08.18

ビジネスパーソン必読!リアルタイム経営を実現する「デジタルツイン」と「プライベート5G」とは

「デジタルツイン」と聞くと、工場など製造業での活用をイメージする人が多いだろう。しかし、いまやデジタルツインは、政府や公共機関、小売業界などさまざまな用途で活用されている。デジタルツインとは一体何なのか。それによってどのようなことが実現できるのか。デジタルツインを実現するために何が必要なのか。ビジネスパーソンが押さえておくべきポイントを紹介する。

 デジタルツインとは、手短に言えば、実世界のシステムを仮想空間に複製したものである。それによって、物理的なテストなしで、仮想のシミュレーションを簡単に行うことができるため、製造業などを中心に活用が進んできた。そして今、デジタルツインは、通信技術やネットワーク技術の進歩で大きく進化を遂げ、新たな用途へと広がりつつある。

 その最たるものがリアルタイム経営の実現だ。本資料では、あらためてデジタルツインとは何なのか、どう進化してきたのかを紹介するとともに、なぜデジタルツインでリアルタイム経営が可能になるのか、それを実現させるための重要な要素である「プライベート5G」とは何なのかについて詳しく解説。ITやDX(デジタルトランスフォーメーション)担当者だけでなく、全てのビジネスパーソンが押さえておくべき必須知識となっている。

資料ダウンロードのご案内

リアルタイム経営を実現するデジタルツインとは
――プライベート5Gが実現する迅速な意思決定

<主な内容>
・デジタルツインとは?
・デジタルツインの応用――製造、政府、小売り、建築・建設業界
・世界各国の政府も注目する、複雑な問題解決のためのデジタルツイン 
・5Gによって強まる世界のつながり
・パブリックとプライベートの5Gネットワークの違い
・プライベート5G導入するなら、知っておくべき5つの真実  ほか

※必ずお読みください

========================
これからご登録いただくあなたの個人情報はベライゾンジャパン合同会社(同社のプライバシー・ポリシーはこちら)に渡されご案内などに利用させていただきます。ダイヤモンド社のプライバシー・ポリシーはこちら
========================
お問い合わせ

ベライゾンジャパン合同会社

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない