徒弟制とマシン共存の狭間

 時刻は午前6時30分。クリステンは前立腺がんの患者を車椅子に乗せて、手術室に移動している。彼女は後期臨床研修医で、外科医のトレーニングを受けていた。

 クリステンはその日、デリケートな神経温存摘出手術の一部をみずから執刀できることを期待していた。指導医がそばにつき、4本の手がすっぽりと患者の体の中に入る。指導医の注意深い指導を受けながら、手術はクリステンの主導で進行した。

 作業は順調に進み、指導医が退いて午前8時15分にクリステンが患者の処置を完了する。彼女の背後には初期臨床研修医が立っていて、その様子を見ている。クリステンはその研修医に縫合の最後の一筋を任せる。最高の気分だ。これで患者は回復するだろう。そしていまの彼女は、6時30分の彼女よりも一人前の外科医に近づいている。