2002年1月号

昆虫に学ぶ「自己組織化」のメカニズム

群知能の活用がブレークスルーを起こす

クリストファー・メイヤー

クリストファー・メイヤー

キャップジェミニ・アーンスト・アンド・ヤングビジネス・イノベーション・センター ディレクター

エリック・ボナボー

エリック・ボナボー

エコシステム・コーポレーション チーフ・サイエンティスト

アリやハチなどはコロニーを形成して生活を営む。そこでは協調行動が自己組織化している。一見個々はバラバラに行動しているが、それぞれが状況に適応し、全体に秩序が生み出されている――これは「群知能」と呼ばれ、ビジネスの現場に応用されつつある。

PDF論文:12ページ[約2,156KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない