2022年11月号

データプロダクトの力でシステムの価値を最大限に引き出す

製品開発の手法を取り入れたアプローチ

ビーラル・デサイ

ビーラル・デサイ

クァンタムブラック, AI バイ・マッキンゼー シニアエキスパート

クァンタムブラック, AI バイ・マッキンゼーのシドニーオフィスでシニアエキスパートを務める。同社はデータ技術のコンサルタント会社で2015年にマッキンゼー・アンド・カンパニーに買収された。

ティム・ファウンテン

ティム・ファウンテン

マッキンゼー・アンド・カンパニー シニアパートナー

マッキンゼー・アンド・カンパニー シドニーオフィスのシニアパートナー。

ケイバン・ロウシャンキッシュ

ケイバン・ロウシャンキッシュ

マッキンゼー・アンド・カンパニー シニアパートナー

マッキンゼー・アンド・カンパニー ニューヨークオフィスのシニアパートナー。

今日の一般的なデータ戦略が非効率であるために、企業はデータの力を十分に引き出せないでいる。そこで筆者らが提言するのは、データを製品のように扱う「データプロダクト」というモデルである。企業は多くのユーザーのニーズに応えようとカスタマイズ可能な基本製品を開発するが、データ戦略にもこの考え方を当てはめるのだ。データプロダクトは、誰もがアクセス可能でさまざまな課題に適用可能、高品質で取り扱いが簡単なデータセットを提供するものだが、本稿ではその管理や開発、進め方について、事例を引きながら解説する。
PDF論文:10ページ[約1,422KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない