2008年5月号

低炭素社会への挑戦

気候変動が突きつけるビジネス課題

マイケル E. ポーター

マイケル E. ポーター

ハーバード・ビジネス・スクール ユニバーシティ・プロフェッサー

ハーバード・ビジネス・スクールのビショップ・ウィリアム・ローレンス記念講座ユニバーシティ・プロフェッサーを務める。社会政策と経済政策の進歩に関して、世界中の政府や公的機関の顧問を務めた。2012年の米大統領選に出馬したミット・ロムニー米上院議員の選挙活動などでも助言した。最新の論文に「The Role of Business in Society」(社会におけるビジネスの役割)がある。リーダーシップ・ナウ・プロジェクトの学識者顧問。

フォレスト L. ラインハート

フォレスト L. ラインハート

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ピーター・シュワルツ

ピーター・シュワルツ

グローバル・ビジネス・ネットワーク 共同創設者兼会長

サンフランシスコにあるグローバル・ビジネス・ネットワークの共同創設者兼会長。またモニター・グループのパートナーを務める。

ダニエル C. エスティ

ダニエル C. エスティ

エール大学 教授

アリソン・スレーター

アリソン・スレーター

アンドリュー J. ホフマン

アンドリュー J. ホフマン

オーデン・シンドラー

オーデン・シンドラー

ビッキー・バクシ

ビッキー・バクシ

アレクシス・クラジェスキ

アレクシス・クラジェスキ

セオドア・ルーズベルト4世

セオドア・ルーズベルト4世

ジョン・ルウェリン

ジョン・ルウェリン

マリア・エミリア・コレッラ

マリア・エミリア・コレッラ

マーク・ウェイ

マーク・ウェイ

ブリッタ・レンドルン

ブリッタ・レンドルン

二酸化炭素に代表される温室効果ガスはこれまで出すに任せていたが、これからはそうはいかない。法規制や炭素税はもちろん、顧客や地域社会、資本市場など、ステークホルダーたちの目が光っている。企業活動を営む以上、二酸化炭素の排出は不可避とはいえ、今後は間違いなくコストであり、またリスクである。ここで紹介する12の提言は、本格化しつつある低炭素社会に、ビジネス・リーダーはどのように向き合い、対処すべきかを説く。

PDF論文:24ページ[約3,959KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない