2007年5月号

SASクリエイティブ資本を生かす経営

長期的な関係は「思いがけない発見」を増やす

リチャード・フロリダ

リチャード・フロリダ

ジョージ・メイソン大学 教授

ジェームズ・グッドナイト

ジェームズ・グッドナイト

SASインスティテュート CEO

クリエイティブ経済が定着しつつあるなか、優秀な人材を求める企業間競争は激化の一途をたどっている。こうした競争で、決定的な優位性を握るのは、あらゆる社員のポテンシャルを発現させ、結集させ、創造性を引き出す経営手法を見いだした企業だ。イノベーションや生産性、事業の業績に弾みをつけたい、そう考える経営者たちにとって、「社員の知的好奇心を常に満たし、面倒を取り除く」「創造性の喚起をマネジャーの責務とする」「創造性を生み出すパートナーとして顧客を巻き込む」という、SASインスティテュートの経営者が長い年月をかけて練り上げてきた三つの基本原則は、おおいに参考になるはずだ。

PDF論文:12ページ[約1,593KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない