2022年10月号

同僚との関係性を戦略的にマネジメントする方法

キャリアの成否を決める

ランドール S. ピーターソン

ランドール S. ピーターソン

ロンドン・ビジネススクール 教授

組織行動論を担当する。リーダーシップ研究所の設立者兼アカデミックディレクターでもある。共著書にGerry Brown and Randall S. Peterson, Disaster in the Boardroom:Six Dysfunctions Everyone Should Understand, Palgrave Macmillan, 2022.(未訳)がある。

クリスティン J. バーファー

クリスティン J. バーファー

ロンドン・ビジネススクール 客員教授

職場の人間関係にどのように対応するかは、キャリアの成否を左右する。人間関係は、当事者間の利害が一致せず競い合うようなネガティブな関係か、双方の利害が共通して協力するようなポジティブな関係に単純化されがちだ。しかし、実際はその両方が混在しており、まずは自分と相手の関係性を見極めなければならない。本稿では、自分の同僚との関係を、対立、競争、独立、協調、協働の5つに分類し、それぞれをマネジメントするために、どのような戦術があるのか解説する。
PDF論文:8ページ[約967KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない