グローバルの社会課題解決を目指す企業・アカデミアを増やすためには、プラットフォームが必要

奈良 アカデミアが日本の大きなアセットであることを、私たちアカデミア側もあらためて認識する必要があるかもしれません。基礎研究の分野では、国を超えてつながるのはごく当たり前のことですが、実用化に向けた研究開発となると何かブレークスルーが必要だと思います。

 その起点になるのは、冒頭にも申し上げた共通の価値観であったり、目指すべき目的地であったりすると思いますし、その目的地に向かって旗を振るリーダーシップが大きなカギではないでしょうか。

 GAUDIに相談に来られる企業の方々を見ていても、新たな開発案件の相談ですから、社内にリソースがふんだんにあるわけではありません。そうした中でも、経営トップが開発の意義をしっかりと理解し、後ろ盾となっているケースはうまくいくことが多いですし、逆にそれがないと現場の人たちだけで実用化まで持っていくのはとても難しいですね。

波江野 おっしゃる通り、トップのコミットメントは非常に重要です。トップマネジメントが「本気でやるぞ」という気持ちになっていて、リスク取ってでも前に進める投資をしていけば、組織全体が動きます。新規事業は成功するかどうかわからないものなので、上がリスクを取る姿勢を示さない限りは、ボトムアップでは成功の可能性を広げられません。

奈良 そうですね。新規事業で、かつ海外展開となるとリスクが2倍、3倍になりますから、トップマネジメントが先頭に立って旗を振ることで、情報やリソースを集めやすくなりますし、関わっている社員も強くモチベートされて、結果的にリスクが下がると思います。

飛田 その点は、企業だけではなく、アカデミアも同じです。グローバルな研究開発では、日本人がリーダーとして活躍しているケースは残念ながらまだまだ少ないと思います。

奈良 私たちが、グローバルな研究開発のプラットフォームを構築することで、共同開発を進めやすくしたり、開発リスクを減らしたりできれば、企業の側もアカデミアも、リーダーシップを発揮しやすくなるかもしれません。

倉田 その通りだと思います。リスクが少ない、あるいは投資が少なくて済むということであれば、意思決定のハードルが下がりますから、「よし、旗を振るぞ」という人が増えてくるのではないでしょうか。

飛田 プラットフォームというか、基盤となる座組みがあれば、中長期を見据えた研究開発ができ、社会的価値創出の可能性が高まります。日本でも国からの競争的資金だけに頼る研究開発はおそらく限界に来ており、欧米のように研究者みずからがスポンサーを見つけて、研究資金を獲得しないと、国際競争には勝てなくなると思います。

 そう考えると、出口まで見据えて企業と一緒に研究開発に取り組むことができるプラットフォームがあれば、研究資金、開発資金も集まりやすくなります。そういう持続可能性の高いプラットフォームとして、GAUDIを発展させていきたいですね。

波江野 これまで国内でインキュベーションの実績を積んでこられたGAUDIは、海外で活かせるアセットをお持ちですし、海外とのネットワークが深まることでさらに価値が向上する可能性が広がります。日本企業が、これまでの歴史的な蓄積や先人の経験といったアセットをグローバルで効果的に活かしていくためのイネーブラーとしてのGAUDIのさらなる発展に期待しています。