好奇心とビジネスについて
3つの重要な知見

 火打ち石から自動運転車に至るまで、歴史上のブレークスルー的な発見や目を見張るような発明のほとんどは、ある共通点で結ばれている。つまり、好奇心の産物なのである。新しい情報、経験、可能性を探し求めるのは人間の基本的な欲求である。

 最近の研究からは、好奇心とビジネスの関係について、以下のような3つの重要な知見が引き出せる。

 第1に、好奇心が企業業績に果たす役割は従来考えられていたよりもはるかに大きい。社内のあらゆる階層で好奇心を培うと、リーダーと部下たちが、不確実な市場環境や外部からの重圧に順応しやすくなるからだ。人間は好奇心をくすぐられると、問題についてふだんよりも深く、合理的に考えて、創造的な解決策を導き出す。そのうえ、好奇心を発揮するリーダーは周囲から尊敬されやすく、部下たちの心に「同僚との間で信頼で結ばれた協働重視の関係を築こう」という気持ちを芽生えさせる。