2007年4月号

フロネシスの知:美徳と実践の知識創造論

分析と論理を超えた「人間の力」を問い直す

野中 郁次郎

野中 郁次郎

一橋大学 名誉教授 カリフォルニア大学バークレー校 ゼロックス知識学ファカルティ・フェロー

紺野 登

紺野 登

多摩大学大学院 教授、コラム 代表

日本企業には元気がない。アングロサクソン的経営への不信、たび重なる企業不祥事、そして何よりイノベーション力の停滞-。「日本企業の新たな知の地平は美徳にある」。本稿では、この仮説の下、アリストテレスにより提唱された「フロネシス」(賢慮)を目指した独自の経営論を展開する。同時に、この高次元の知を創造するための方法論として、演繹的な論理と分析を超えた「実践的推論」の重要性、それに基づく「弁証法」「アブダクション」の意義を再検証する。

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない