●マネジャーと率直に話し合う機会を設ける

 物事が期待通りに進んでいないと感じた場合は、マネジャーと腹を割って話し合うことを検討しよう。その時は、言葉を慎重に選ぶこと。上司がわざと誤解を与えるようなことを言ったと指摘したところで、問題を解決する助けにはならないからだ。

 問題が仕事の仕組みにあるならば、自分が付加価値を提供できる領域を考え、そのような仕事を割り当ててもらえないか尋ねてみる。マネジャーとの会話では、次のように切り出すことができるだろう。

「仕事の内容を一部変更させてもらえないか、お許しをいただければ、私が考えていることをこの場でお話させてください。それは、私にとってこの仕事をもっと興味深いものにすると同時に、マネジャーの負担を減らすことにもつながるので、あなた自身も戦略的課題にこれまで以上に集中できるようになると考えています」

 上司に自分の気持ちを伝えることを躊躇する必要はない。マネジャーのほとんどは、自分の部下が幸せな状態にあることを願っているからだ。

 ●常に最高の仕事をする

 問題解決を図ろうとする時には、自分自身が「最高の仕事」をする重要性を忘れがちだ。仕事に心から打ち込むのは難しいと感じるかもしれないが、できるだけ好印象を与え続けることが重要となる。その理由を説明しよう。

 新しい会社で、いまの仕事よりも自分に適していると思える空きポジションを見つけたとしよう。そのポジションに異動したいと手を挙げるには、上司のお墨付きが必要になる。現在のポジションで最高のパフォーマンスを出していれば、上司は喜んで、あなたのために手を貸してくれるかもしれない。そうでないなら、上司があなたの異動を阻止するのは間違いない。

 あなた自身の評判もまた、重要だ。現在のポジションに留まるにしても、会社を辞めるにしても、よい評判を維持したいと考えるはずだ。

 ●自分には幸せになる資格があると認める

 これらの措置をすべて講じてもなお、自分は求職活動を再開すべきだと判断するかもしれない。あなたには幸せになる資格がある。自分が間違いを犯したことを認めて、朝起きるのが待ち遠しいような仕事に転職しても、まったくかまわないのだ。


"So You Want to Quit Your Brand-New Job...," HBR.org, December 06, 2021.