デジタル化、クラウド・コンピューティングなど技術の急速な進歩を受けて、各業界の企業は新旧を問わず、新たな方法での競争を強いられている。ゼネラル・エレクトリック(GE)は、過去100年以上にわたり、産業用機器の販売と修理サービスから、収益の大半を上げていたが、2011年に「インダストリアル・インターネット」という新しい構想を打ち出した。オープンでグローバルなネットワークによって機器、データ、人を結びつけ、大量のビジネスチャンスとビジネスモデルを創出することを提案している。本稿ではGEがいかにこの変革を遂げようとしているのか論じる。