2022年12月号

DAO:分散型自律組織の課題と可能性

集団の意思決定が変わる

ジョナサン・ルアン

ジョナサン・ルアン

マサチューセッツ工科大学 スローンスクール・オブ・マネジメント 講師

マサチューセッツ工科大学(MIT)スローンスクール・オブ・マネジメントのグローバル経済・経営グループの講師。MITデジタルエコノミーイニシアティブ(IDE)のリサーチサイエンティストも兼ねる。

アンドリュー・マカフィー

アンドリュー・マカフィー

マサチューセッツ工科大学 スローンスクール・オブ・マネジメント デジタルエコノミーイニシアティブ 共同設立者

マサチューセッツ工科大学(MIT)スローンスクール・オブ・マネジメントのデジタルエコノミーイニシアティブ(IDE)共同設立者。次回作The Geek Way: The Radical Mindset Transforming the Future of BusinessがLittle, Brownから2023年に出版予定。

組織の意思決定は通常、CEOやマネジャーといった役職者が決断を下し、彼らが最終的な責任を負う。一方、Web3の世界で注目を浴びるDAO(分散型自律組織)の場合、特定の人物が意思決定の主導権を握ることはない。DAOのメンバーによる投票が行われ、投票結果が自動的に履行される仕組みを採用している。本稿では、DAOがいかに形成され、どのような特徴を持ち、いかなる課題と可能性が見出されているかについて、詳細に論じる。
PDF論文:912ページ[約7KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない