2022年12月号

Web3でも根拠なき熱狂が繰り返されるのか

[インタビュー] 推進派はバラ色の未来しか語らない

モリー・ホワイト

モリー・ホワイト

ソフトウェアエンジニア

英語版『ウィキペディア』の編集者も務める。

トーマス・スタックポール

トーマス・スタックポール

『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニアエディター

Web3という言葉が、あらゆるところに浸透し始め、次の流行の中心となることは間違いないように思われている。『Web3 Is Going Just Great』(Web3は順調に広がるか)というウェブサイトを立ち上げたモリー・ホワイトは、Web3がさまざまな問題の解決に役立つという期待が高まっている現状に警鐘を鳴らす。本インタビューでは、企業がWeb3プロジェクトを立ち上げる際に共通して見られる間違いや誤解、インターネットハラスメントやプライバシー保護に与える悪影響といった負の側面を取り上げる。それとともに、Web3推進派が語る富と機会の平等や、ウェブの民主化といった楽観的な見通しにも疑問を呈する。
PDF論文:8ページ[約1,889KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない