保存する
保存しました
削除する
削除しました
シェア
シェアしました
PDFを購入する
戦略

商売に定年なんてない

[インタビュー]76歳で起業した外食業界のレジェンドが語る

by  横川 竟
2019年4月号

サマリー:「リコッタパンケーキ」や「昔なつかし昭和のナポリタン」などのメニューと店内の心地よさが女性客の心をつかみ、店舗拡大を続けているカフェレストランチェーンがある。高倉町珈琲だ。2013年の開店以来、関東近郊を... もっと見る中心に20店舗を展開するこの企業を率いるのは、横川竟(きわむ)会長(81歳)。すかいらーくグループの創業者、日本の外食産業の礎を築いたレジェンドである。横川氏が高倉町珈琲を起業したのは76歳の時で、経営を担う本部スタッフの平均年齢は65歳と、超高齢化社会に向かう日本にとって、新しい会社のあり方を示している。 閉じる

PDF論文:11ページ[約1,405KB]
¥880(税込み)
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。
(詳細はこちら