ESGはなぜ、いま、
重視されるのか

 企業経営や証券・金融市場において、ESG(Environment, Social, Governance: 環境、社会、ガバナンス)への対応に注目が集まっている。そしてここ数年、企業はこの変化に応えることに注力している。その直接的な理由は、投資家がそれを求めているから、ということになるだろう。企業が、投資家のニーズに向き合おうとする動きは真っ当である。

 ただし、後述するように、ESGへの対応は、あくまで手段である。この認識がなく、その活動が目的化しているから、投資家対策としての取り繕いに留まることが多い。「グリーン・ウォッシング」(上辺だけの環境保護)という言葉があるように、表層的な活動は偽善として社会に見られ、企業の意図に反して、レピュテーション(評判)などで悪影響をもたらすことになる。

 では、どうすればよいのだろうか。まずは、ESGが今日重視される理由をきちんと理解し、その真の目的に合った活動を行い、結果を出すことである。この点を本稿では詳述していくが、一言で表現すれば、ESGとともに論じられるSDGs(Sustainable Develop-ment Goals: 持続可能な開発目標)の達成に寄与する経営を行うことである。