2022年8月号

ソニーは挑戦の場を与えて「個」の成長を実現する

社員のエンゲージメントをいかに高めるか

安部 和志 :ソニーグループ 執行役 専務 人事、総務担当

安部 和志

ソニーグループ 執行役 専務 人事、総務担当

1984年、ソニーに入社。ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ バイスプレジデント、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカ シニアバイスプレジデントなどを経て、2016年、執行役員コーポレートエグゼクティブ、執行役 EVP。2018年、執行役 常務。2020年より現職。

ソニーは現在、6つの主要事業、約11万人の社員から成り、この10年だけを見ても事業と人材の多様化が進んでいる。多様性は組織全体の効率を低下させるという研究結果もあるが、ソニーは2022年3月期に売上高9兆9215億円、営業利益1兆2023億円と過去最高を更新するなど、多様性を企業の競争力につなげてきた。これは、創業時からの多様性を重視する企業文化や会社と社員の対等な関係性を継承し、共通の方向性としてのパーパス(存在意義)を設定したうえで、社員の「個」を尊重し、挑戦と成長を支援する人事戦略を実行してきたからだ。本稿では、ソニーの人事戦略を牽引してきた筆者が、その具体的な内容を明らかにしたうえで、これからの時代に必要とされる会社と社員の理想的な関係を考察する。
PDF論文:12ページ[約1,207KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない