2022年8月号

「大退職時代」の真実

労働市場に何が起きているか

ジョセフ B. フラー

ジョセフ B. フラー

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

マネジメントプラクティスを担当。同校の「マネージング・ザ・フューチャー・オブ・ワーク」プロジェクトの共同チェアを務める。また、企業幹部向け教育プログラム「リーディング・アン・アジャイル・ワークフォース・トランスフォーメーション」でも教授陣の共同チェアを務める。

ウィリアム R. カー

ウィリアム R. カー

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ハーバード・ビジネス・スクールのディミトリ V. ダーベロフMBAクラス・オブ1955記念講座教授。経営管理論を担当。同校の「マネージング・ザ・フューチャー・オブ・ワーク」プロジェクトの共同チェアを務める。

ランジェイ・グラティ

ランジェイ・グラティ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ハーバード・ビジネス・スクールのポール R. ローレンスMBAクラス・オブ1942記念講座教授。経営管理論を担当。最新刊はDeep Purpose: The Heart and Soul of High-Performance Companies, Harper Collins, 2022.(未訳)。

ホイットニー・ジョンソン

ホイットニー・ジョンソン

ディスラプション・アドバイザーズ CEO

テクノロジーを活用して人材開発を行う、ディスラプション・アドバイザーズのCEO。著書に、Smart Growth: How to Grow Your People to Grow Your Company, Harvard Business Review Press, 2022.(未訳)などがある。

米国では2021年、4700万人もの労働者が自発的に退職し、「大退職時代」(グレート・レジグネーション)として大きな議論を呼んでいる。新型コロナウイルス感染症によるパンデミックを経て、現在の働き方に矛盾を感じ、転職を考える人が増えたといわれているが、その根底にあるものは何だろうか。3本の論稿を通して、労働市場の変化をもたらした要因を探り、個人のキャリアや私生活に対する考え方にもたらされた変化、さらに企業が準備すべきことを考察する。
PDF論文:14ページ[約1,603KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

おすすめの論文

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない