2022年9月号

職場の世代間対立をどうすれば解消できるか

ステレオタイプを乗り越える

エイミー・ギャロ :『ハーバード・ビジネス・レビュー』 寄稿編集者

エイミー・ギャロ

『ハーバード・ビジネス・レビュー』 寄稿編集者

HBRのポッドキャスト「ウィメン・アット・ワーク」シリーズの共同ホストを務めている。著書に、Getting Along: How to Work with Anyone (Even Difficult People), Harvard Business Review Press, 2022.(未訳)、およびHBR Guide to Dealing with Conflict, Harvard Business Review Press, 2017.(未訳)の2冊がある。職場の力学について執筆・講演を行う。TEDxトークで対立をテーマに講演したことがある。ツイッター(@amyegallo)でも発信している。

年上の同僚から粗末な扱いを受けたり、年下の同僚が失礼な態度を取ったりした時、世代の違いが問題を引き起こしていると考えていないだろうか。「ベビーブーム世代の考え方は現実離れしていて傲慢」「ミレニアル世代は権利ばかりを主張する」といった通説を裏付ける証拠は乏しいにもかかわらず、従業員はこのようなステレオタイプに囚われやすく、結果として職場の世代間対立が助長される。本稿では、世代という枠組みで相手を判断することなく、同僚と良好な関係性を築くための7つの方法を紹介する。
PDF論文:7ページ[約1,074KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない