2022年9月号

エイジダイバーシティの価値を最大限に引き出す方法

世代間の違いを認め合うことから始める

メーガン W. ゲルハート

メーガン W. ゲルハート

マイアミ大学 ファーマースクール・オブ・ビジネス 教授

マネジメントを担当。同校リーダーシップ開発担当ディレクターを兼任。同校ウィリアム・アイザック・アンド・マイケル・オクスリー・センター・フォー・ビジネス・リーダーシップのロバート D. ジョンソン共同ディレクターも務める。

ジョセフィン・ナッケムソン=エクウォール

ジョセフィン・ナッケムソン=エクウォール

シティグループ インディペンデント・コンプライアンス・リスクマネジメント部門 バイスプレジデント

ブランドン・フォーゲル

ブランドン・フォーゲル

ネブラスカ大学リンカーン校 博士課程

世代間対立はいまに始まったことではないが、現在では5つの世代(沈黙の世代、ベビーブーム世代、X世代、ミレニアル世代、Z世代)が一つの組織で働くようになり、その緊張がかつてなく高まっている。この問題を放置すれば、離職率の上昇を招いたり、チームの業績を低迷させたりするリスクをはらんでいるにもかかわらず、真剣な対策に乗り出した企業はほとんどない。本稿では、世代間の分断を乗り越えて、エイジダイバーシティ(年齢の多様性)の価値を引き出すために、企業リーダーが実践すべき4つの取り組みを紹介する。
PDF論文:10ページ[約1,447KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない