2022年9月号

世代にまつわる偏見がなくならない理由

ミレニアル世代は怠惰、Z世代は私生活重視……

クリスティ・デポール

クリスティ・デポール

コンテンツクリエイター

キャリア指南やパーソナルブランディングに関する著作は世界的な媒体に掲載され、有力シンクタンクや大学に引用されている。経営幹部向けにソートリーダーシップの開発を行うニュアンストの創業者兼プリンシパル。これからの学び方や働き方に焦点を当てた完全リモートワークのコンテンツエージェンシー、ファウンダーズのCEOも務める。カーネギーメロン大学ハインツ・カレッジで、修士号を取得。

バスンダラ・ソーニー

バスンダラ・ソーニー

『ハーバード・ビジネス・レビュー』シニアエディター

ミレニアル世代は「怠惰」、Z世代は「ワークライフバランスを重視」といった、各世代に関する通説は広く受け入れられている。これらのステレオタイプに基づいて、業務プロセスを変えたり、制度設計をしたりする事例も見られるが、成功しているとは言いがたい。このような現実があるにもかかわらず、職場からステレオタイプが一掃されないのはなぜか。本稿ではその原因を述べたうえで、従業員が必要とする制度や支援を設計するために、「世代」の代わりに重視すべきことを解説する。
PDF論文:9ページ[約1,310KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない