2022年9月号

エイジズムを克服するためにマネジャーは何をすべきか

年齢で判断せず、貢献度や潜在能力で評価する

ニコル D. スミス :『ハーバード・ビジネス・レビュー』 エディトリアル・オーディエンス・ディレクター

ニコル D. スミス

『ハーバード・ビジネス・レビュー』 エディトリアル・オーディエンス・ディレクター

エイジズム(年齢差別)は、あらゆる職場で根強く残っている。労働者の約65%が年齢に基づく差別を経験したことがある、という調査結果も存在する。マネジャーはこのようなエイジズムを認識し、戦っていかなければならない。本稿では、エイジズムのある職場でマネジャーとして働いてきた筆者が、自身の経験を交えながら、年齢に対する偏見を克服する方法について紹介する。
PDF論文:6ページ[約719KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない