2022年10月号

デジタル・トランスフォーメーションを民主化せよ

誰もがイノベーションの当事者となる

マルコ・イアンシティ

マルコ・イアンシティ

ハーバード・ビジネス・スクール 教授

ハーバード・ビジネス・スクールのデイビッド・サーノフ記念講座教授。経営管理論を担当。テクノロジーおよびトランスフォーメーション分野の主任教授を務める。

サティア・ナデラ

サティア・ナデラ

マイクロソフト 会長兼CEO

デジタル・トランスフォーメーション(DX)を実現するために、多くの企業が莫大な投資を行っている。だが、巨額の投資を業績向上につなげられないどころか、組織に負の影響をもたらすことすらある。その要因の一つに、データやテクノロジーにアクセスし活用できる人が、データサイエンティストなど一部の専門家に留まることが挙げられる。イノベーションを起こすには、むしろ顧客をよく知る現場の従業員が中心的役割を果たす必要がある。本稿では、企業のデジタル成熟度の高まりを示す5つの段階に基づき、データの民主化やテクノロジーの民主化だけでなく、DXの民主化を実現する方法について紹介する。
PDF論文:11ページ[約1,043KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない