2022年11月号

共同CEO体制を成功させる方法

対等な関係を構築する9つの条件

マーク A. フェイゲン

マーク A. フェイゲン

フェイゲン・アドバイザーズ CEO

大手グローバル企業のCEOにサービスを提供する、フェイゲン・アドバイザーズの創業者兼CEO。

マイケル・ジェンキンス

マイケル・ジェンキンス

カーニー パートナー

グローバルに展開する経営コンサルティング会社カーニーのパートナー。南北米大陸における戦略・変革プラクティスの責任者を務める。

アントン・ベーレント

アントン・ベーレント

フェイゲン・アドバイザーズ ディレクター

顧客サービスとオペレーションを担当。

企業のトップは一人であるべきという考え方は広く浸透している。だが、CEOがこなすべき仕事がますます複雑化し、さまざまな責任を担うことが要求される中、共同CEO体制を採用する意義が高まりつつある。ただし、意思決定者を複数置くことで、対立や混乱が生じる可能性は否定できない。本稿では、共同CEOが対等なパートナーとして機能し、それぞれの強みを発揮するための9つの条件を示す。
PDF論文:7ページ[約2,042KB]
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。(詳細はこちら

この号の目次を見る

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない