保存する
保存しました
削除する
削除しました
シェア
シェアしました
PDFを購入する
戦略

人類史上、最も危険なウイルスに挑む

[インタビュー]エボラ出血熱の治療薬開発を目指して

by  高田 礼人
2019年8月号

サマリー:エボラ出血熱はアフリカを中心に猛威を振るい、一度の流行で1万人以上の死者を出すこともある。感染時の致死率は最大で90%に上り、その原因となるエボラウイルスは「人類史上、最も危険なウイルス」と称される。ウ... もっと見るイルス学者の高田礼人氏は長年、その感染メカニズムの解明に挑み、世界で初めてエボラウイルス全種に有効な抗体を発見するなど、これまでにいくつもの成果を残してきた。本稿では、高田氏によるエボラ研究の変遷とその成果に加えて、エボラ出血熱の治療薬開発という前人未到の挑戦が語られる。 閉じる

PDF論文:12ページ[約1,613KB]
¥880(税込み)
論文セレクションご利用の方は、PDFがダウンロードできます。
(詳細はこちら