2002年11月号

ケース・スタディ学習法

ビジネス・リーダー教育のベスト・プラクティス

髙木 晴夫 :慶應義塾大学 ビジネススクール 教授

髙木 晴夫

慶應義塾大学 ビジネススクール 教授

ケース・メソッドは、ハーバード大学ビジネススクールに始まり、欧米のほとんどのビジネススクールで採用されている実践直結型のトレーニング方法である。しかも、MBAプログラムにとどまらず、AMPといったトップ・エグゼクティブ向けのトレーニングにも活用される。しかし、日本に目をやると、このケース・メソッドを組織的に提供しているのは、残念ながら、慶應ビジネススクールしか存在しない。本稿は、いまやグローバル・スタンダード化しているケース・メソッドの目的と効果について概説する。

この号の目次を見る

おすすめの論文

2002年11月号

16人のイノベーション・リーダーに聞く

「創造する組織」の条件

クレイグ・ウィネット プロクター・アンド・ギャンブル ゼネラル・マネジャー

トーマス・フォガティ スリー・アーチ・パートナーズ 共同設立者

ロナルド T. キャディッシュ アメリカ国防総省 ミサイル防衛庁 庁官

マイケル・デル デル・コンピュータ 会長兼CEO

ハル・トービン シチズンズ・フィナンシャル・グループ 上級副社長

ラリー・キーレイ ドブリン・グループ 社長

ノーラン・ブシュネル u ウィンク CEO

ルチアーノ・マイアーニ 欧州合同原子核研究機関 理事長

マイク・ラザリディス リサーチ・イン・モーション 社長兼共同CEO

マーク・ディーン IBM フェロー 兼 IBMリサーチ 副社長

ジョン・タリー ミクロバイア 副社長

マルシアン・E・"テッド" ホフ 

ベティ・コーエン ターナー・ブロードキャスティング・システム コーポレート・ストラテジスト

ダニエル・バセラ ノバルティス 会長兼CEO

デイビッド・ファルビー ブリティッシュ・ジオロジカル・サーベイ エグゼクティブ・ディレクター

エスター・ダイソン EDベンチャー・ホールディングス 会長

しおりを挟む位置をクリックしてください。

解除の場合はをクリックしてください。

この記事は以前に読み進めています。
前回読み進めたページまで移動しますか?

移動する移動しない