なぜ仕事以外の場で情熱を追求すべきなのか

 よく知られているように、仕事に情熱を注ぐことは、エンゲージメントと生産性の向上につながる。しかし、情熱を追いかける場を仕事の世界に限定するのは現実的でないし、リスクも伴う。社員がみずからの関心を重んじることを許さない職場もあるし、それが可能な仕事で十分な収入を得られるとも限らない。

 仕事を通じて情熱を追求することは、一部の恵まれた人だけ贅沢だと言われても仕方がない。そのような職に就ける経済的余裕のある人は、ごく一部にすぎないのだ。

 仕事と情熱を一体化させることは、長い目で見れば有害な可能性もある。自己評価を仕事だけに求めれば、解雇されたり、厳しい評価を受けたりして、仕事で逆境にさらされたとき、ダメージから立ち直りにくくなる。1日の仕事が終わったあとに緊張をほぐし、たっぷり休息を取って、明日のためにエネルギーを取り戻すことも難しくなる。

 弊害はそれだけではない。仕事以外の活動や趣味がもたらす数々の恩恵にも浴せなくなる。ストレスの軽減エネルギーの増進創造性の向上といったことだ。これらはすべて、社員のエンゲージメントを高め、離職率を下げる効果を持つ。最近のある研究によれば、私的な情熱と仕事が大きくかけ離れているとき、こうした好影響がはいっそう大きくなるという。

 仕事で情熱を追求しようというのは、歴史的に見ると比較的新しい発想だ。しかも、米国特有の考え方という面が強い。米国以外の国、特に欧州では、仕事以外の活動に情熱を傾けている人が少なくない。ドイツでは、半分近くの人が仕事のあとの時間に少なくとも一つの団体に参加し、スポーツやガーデニングなどの活動をしている。しかし、米国では、趣味仕事以外の活動を積極的に行っている人は少ない。

 なぜ、このような現象が見られるのか。1つの可能性としては、米国では仕事で多忙なことが一種のステータスシンボルになっている点が挙げられるのかもしれない。

 スマートフォンの普及により、ますます仕事から逃れにくくなったことの影響もありそうだ。米国の働き手は、誰が最も長時間働けるかを競い合っているようにすら見える。欧州の人たちよりも概して労働時間が長い理由は、ここにあるのかもしれない。

 もう1つの可能性としては、経済的なゆとりがないことも挙げられるだろう。米国の中流世帯の3分の1は、生活費を稼ぐことに苦労している。そのような状況では、人々が仕事を重んじるのは当然だ。

 Overwhelmed(未訳)の著者である、ジャーナリストのブリジッド・シュルトは、長時間労働の文化と、仕事からプライベートに切り替えることの難しさを指摘している。「この傾向は、私たちの文化のあり方を浮き彫りにしている。私たちは、仕事以外の場で自分のやりたいことを行い、しかもその活動で高い生産性を達成するという選択肢を忘れている」