ビジネスパーソンはもちろん、学生や研究者からも好評を博し、11万部を突破した入山章栄氏の著書『世界標準の経営理論』。入山氏がこの執筆過程で感じたのが、世界の経営学とはまた異なる、日本の経営学独自の豊かさやおもしろさであった。本連載では、入山氏が日本で活躍する経営学者と対談し、そこで生まれる化学反応を楽しむ。
連載第5回では、オペレーションズ・マネジメント論やビジネスモデル論が専門の岩尾俊兵氏に登場いただく。前編では、ラディカルイノベーションの話など、岩尾氏の研究内容について伺った。後編では、両利きの経営をテーマにした最新の研究、研究者になるまでの歩みについて、入山氏が迫る。(構成:加藤年男)

「両利きの経営」は、いかに実践すると成果が出るか

入山:前回はインクリメンタルイノベーションとラディカルイノベーションの境目はなく連続的であるという考え方や、シェアリングエコノミーの学習曲線効果の研究をお伺いしました。岩尾先生は、ほかにはどんな研究をされていますか。

岩尾 俊兵(いわお・しゅんぺい)
慶應義塾大学商学部専任講師
平成元年佐賀県生まれ、慶應義塾大学商学部卒業、東京大学大学院経済学研究科マネジメント専攻博士課程修了、東京大学創設以来最初の博士(経営学)を取得。明治学院大学経済学部国際経営学科専任講師、慶應義塾大学商学部専任講師を経て、2022年4月准教授昇進予定。第73回慶應義塾賞、第37回組織学会高宮賞著書部門、第36回組織学会高宮賞論文部門、第22回日本生産管理学会賞受賞。著書に『日本“式”経営の逆襲』(日本経済新聞出版)、『イノベーションを生む“改善”』(有斐閣)などがある。

岩尾:最近取り組んでいるのは、両利きの経営の研究です。たとえば、両利きの経営を真に利用可能な理論にするには、個人と組織を分けて両方を同時に分析する、「マルチレベル分析」が必要だと考えています。

 まず、個人レベルで、この人は探索向き、この人は深化向きなど、性格特性を分けることができると思います。しかし、両利きの経営を行う時に、単純に探索人材と深化人材を半分ずつにすればいいのか、それともたとえば上司と部下を探索・進化で半分ずつにしたほうがいいのか、あるいは全員探索人材、全員深化人材という部署を作ったほうがいいのかなど、いろいろな場合を、分散人工知能を用いたコンピュータ・シミュレーションで仮想的に実験してみると、面白い結果が出るのではないかと思ったのです。

入山:どのようなデータを分析するのかと思ったのですが、シミュレーションでやればいいわけですね。

岩尾:そうです。シミュレーションであれば、性格特性などを設定したり観察したりすることが容易になります。こうした研究を、人工社会と言われる、人工知能を何千体、何万体と作るシミュレーションでやろうとしています。この論文は『Management and Business Review』誌とも関係が深い『Management Science』誌に投稿しようと思っています。

入山:岩尾先生は、研究成果を海外のジャーナル(学術誌)に出そうとされていますね。シミュレーションは海外だと、いわゆるエージェントベースモデル(コンピュータによるモデルの1種で、自律的なエージェントの行為と相互作用が、システム全体に与える影響を評価するためにシミュレートするもの)が昔から行われていて、30年以上の歴史があります。経済学者は皆、理論モデルを作ってそれをシミュレートしますから。

 ただし、経済学系の経営学者でシミュレーションをやる人は多いのですが、日本は少ないですよね。

岩尾:確かに日本だと少ないかもしれません。シミュレーションだと動画も作成できて、言語を超えた視覚に訴えることもできますし、人工言語である数式にもできます。しかも、アメリカの社会科学分野ではプログラミングにあまり時間をかけたくないという人も多いようで、日本の研究環境ならではの、開発時間をふんだんに使ったシミュレーション研究は世界でも十分戦えるものになりうると考えています。

 これまでもそうだったのですが、私は、ケーススタディとシミュレーションや、データ分析とシミュレーションといった「合わせ技」でやっていこうと思っています。

入山:それはグッドアイデアですね。というのも、実証分野で日本のデータを使っていると、世界では軽く見られることが多いんです。「ジャパンアズナンバーワン」の時代は、日本のデータが重宝されたのですが、今は見向きもされない。

 一方、理論のほうは言語という大きな壁があって、英語のライティング能力が重要になってきますから、やはりネイティブにはなかなか勝てません。

 その点、シミュレーションは定義の理解とセッティングをうまくやれば、あとは結果を見てもらえばいい。日本の経営学者が世界にのし上がるには、確かにシミュレーションはアリですね。

 プロジェクトで研究されているようなものもありますか。

岩尾:最近は一橋大学の原泰史先生と美容医療業界の数百万件におよぶ口コミデータから、美容医療業界におけるイノベーションの普及過程について実証分析を行っています。後に大ヒットした施術が、そうでない施術と比べてどのような口コミの変遷をたどったかなどについて調べています。

 もう一つ、カイゼン活動の方向性をコントロールできるような、カイゼン活動の金銭評価システムを世界的重電メーカーとともに構築しています。これは、経営実践そのものを共同で生み出す取り組みですが、後にデータを測定して、フィールド実験を行う予定です。経営学分野ではなかなか実施できない社会実証実験型の研究になる予定で、数年にわたって社会実験を行います。これにたとえば「行動主義生産管理」みたいなラベリングをして、これまた『Management and Business review』誌との関係が非常に深い『Production and Operations Management』誌に投稿したいと考えています。

 これらが論文で、あとはこれまでの話と全然関係ないですが、子供から大人まで読めるビジネス小説も書いたりしています。親子で読むビジネス小説兼経営学の教科書といったイメージです。こうしたものによって、日本の子供たちが幼少期からビジネスマインド、起業マインドを持てて、日本がより良い国になればいいなと考えています。