master1305/Getty Images

景気後退のシグナルが点滅する中、企業が事業計画や予算計画を策定するには、さまざまな困難が伴う。数多くの取捨選択に悩みながら、手をつけられるところから少しずつ経費を削減して何とかしのごうとしても、それでは不十分であり、むしろ困難をもたらす可能性さえある。このような状況で必要とされているのは、具体的なアクションだと筆者らは指摘する。堅調な企業でさえも、不確実性に対応せざるをえないなか、事業計画や予算計画の策定において講じるべき4つの措置を論じる。

堅調な企業も不確実性の荒海に飲まれるリスク

 多くの経済指標が、赤く点滅している。企業再生や組織再編の専門家の5人に4人が、自分がいる地域の景気後退を予想している。また、4人に3人は、産業構造の大きな変化を予想しているという。

 先行きの不透明感が著しく高まっている中、企業は事業計画や予算計画を策定する時期を迎えている。大不況が到来する可能性を前に、さまざまな取捨選択に頭を悩ませているのだ。

 このような状況を、通常通りの予算計画で乗り越えることは困難である。あちらこちらから少しずつ経費を削減して、あとは「最善を祈る」というような見せかけの引き締めでは、不十分だ。そのようなアプローチは、危険をもたらす可能性さえある。いま必要とされているのは、アクションだ。

 筆者らの会社アリックスパートナーズは、経営難に陥った企業を長年にわたって支援してきた豊富な経験から、物事を放置するとどのようなことになるかを知っている。

 そこから得られた4つの重要な教訓に従えば、多くの企業が安全な状態を守ることができたはずだ。そして2022年以降は、堅調に見える企業さえも、不確実性という霧深い荒海に入り込もうとしている。いまこそ、これらの教訓をすべての企業に適用すべきである。