辞めた会社に再び戻る「ブーメラン社員」になるための5つの方法
Westend61/Getty Images
サマリー:以前所属していた会社に戻ることは、キャリアアップ戦略の一つである。本稿は、以前いた会社に戻ることをキャリアアップの選択肢に加えられるようになる会社の辞め方、辞めた後のコミュニケーションの取り方など、5... もっと見るつの方法を提示する。 閉じる

以前いた会社に再び採用されるための5つの方法

 サマンサが新しい機会を求めて会社を辞めたのは、問題があったからではない。チームをマネジメントし、キャリアアップのためのスキルを身につける機会を得たからだ。

 しかし、新しい会社の文化や上司が自分の価値観と合わず、ストレスが募り、満たされずにいた。

 それからわずか10カ月後、サマンサは、新たに獲得したスキルと能力により、以前所属していた会社に新設された管理職のポジションを担えると証明することができた。彼女はその会社に戻り、キャリアを磨いている。

 新たな機会を求めて退社するにせよ、大量解雇の対象になるにせよ、有害なチームを去るにせよ、辞めた会社に戻る「ブーメラン社員」になる機会が訪れるかどうかはわからない。すでに会社を辞めていたとしても、ブーメラン社員として再び採用されるためにできる5つの方法を紹介する。

友好的に退社する

 これは当たり前のことのようだが、自分が辞めた時の状況を悪く言う人は想像以上に多く、それが自分の印象を悪くするだけであることを人々は認識していない。悪い上司、悪いプロセス、悪いリーダーシップチーム、これらはすべてあなたが去ったのちに変わる可能性がある。退社する時は、社内のやっかい事や尊敬できない人について強い意見を口にするのは控えるべきだ。

 あまり友好的でない状態で退社し、その後、自分にもその原因があると認識したなら、自分の退社や不適切な行動を覚えている人に連絡を取り、自分が何を学び、どれだけ成長したか話をする。必要なら、過去の自分の振る舞いについて謝罪すること。謝ったからといって、あなたが退社した要因が他になかったことにはならない。自分の責任を自覚することで、会社に戻ることがより容易になる。

連絡を取り続ける

 会社を辞めた後も、次の5つのカテゴリーの人々とは連絡を取り続けたほうがよい。前の会社の上司、直属の部下、部門横断的なリーダー、その他の同僚少なくとも1人か2人、リクルーターあるいはHRビジネスパートナーだ。なぜなら、その会社での新たな機会を紹介してくれるのはこの人たちだからだ。

 ホリデーカードや電子はがきを送ったり、四半期ごとにメールをして相手の近況を尋ねたりする。また、あなたが身につけたスキルや取り組んでいる大きなプロジェクト(機密情報は伏せること)、経営幹部との接触について言及する。

 少なくとも年に一度は相手をコーヒーやランチに誘い、エグゼクティブとしてのあなたの存在感を示すとともに、自分の成長や、会社に戻ることへの関心について話す。その際、自分がどのようなポジションに戻りたいのかを明確にしておき、その仕事に自分がどのような価値をもたらすことができるのかを伝える。つながりを維持することで、相手の頭の中には常にあなたの存在があり、将来、求人を出す前に連絡をくれるかもしれない。