Yaroslav Danylchenko/Stocksy

安定した世界で成功するためのルールと、不安定な世界で成功するためのルールはまったく異なる。このことを理解していても、どのように実践すべきか具体的な解決策を見出すのは難しい。とりわけ、戦略立案や予算策定に取り組んでいる時期に、今後数カ月間の不安定性や不確実性に備えるにはどうすればよいのか、頭を悩ませている人も少なくないはずだ。激動の時代に、単に生き残るだけでなく成功するには、環境の変化に適応するための「柔軟性」が欠かせない。本稿では、混乱した状況に即応できる予算策定を実現するための3つの解決策を提示する。

組織の運営方法をどのように刷新すべきか

 筆者らは2年に1度、クライアントやコミュニティとともに「変化のスピード」調査を実施している。2018年にマネジャー2000人以上を対象にした調査では、47%が「生き残るためには、3年以内ごとにビジネスを改革する必要がある」と回答し、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが発生した2020年には、その数字が60%に跳ね上がった。

 2022年のデータはまだ揃っていないが、最初の600人の回答からは、変化のスピードは依然として非常に速いことが示されている。55.8%が3年以内ごとに改革を行い、20.8%が12カ月以内ごとに計画を変更しているというのだ。これまで筆者らが見てきた中で、最も速いスピードで変化している。

 ニューノーマルの世界で生き残るには、そしてさらに重要な成功のためには、あらゆる職務や業種に新しいルールが必要とされる。

 例として、製造業における生産方式の一つ「ジャストインタイム」の実践について考えてみよう。比較的確実で不安定性が少ない世界では、在庫を少なくする、あるいはゼロにすることが極めて効率的だ。資本を拘束したり、在庫管理に投資したりする必要がないからである。しかし、現在のようにサプライチェーンが不安定な状況では、ジャストインタイムの生産方式がビジネスを破壊するおそれがある。

 それは当然ながら、戦略プランニングにもあてはまり、最近『ハーバード・ビジネス・レビュー』に掲載された論考の著者を含む複数の思想家が、激動の時代における戦略立案のための新しい原則を提示している。

 しかし、これらの原則をどのように実践に移せばよいだろうか。特に、戦略プランが予算や日々のマネジメントを通じて日常業務に落とし込まれていく場合には、どうすればよいか。いままさに、多くの人が戦略立案や予算策定に取り組んでいる段階で、今後数カ月間の不安定性や不確実性に備えるには、どうすればよいのか。

 科学的根拠があり、実地検証されている3つの解決策を実行すれば、いますぐに変化を起こすことができる。以下に紹介しよう。