ビジネスパーソンはもちろん、学生や研究者からも好評を博し、11万部を突破した入山章栄氏の著書『世界標準の経営理論』。800ページを超える本書は、約30の経営理論を網羅しており、これらの理論はビジネスの「思考の軸」として活用できる。内容は章ごとに完結しており、いつ、どこから読んでも良い。ビジネスに関わる全ての人が、辞書のように利用できるのが特徴だ。

「入山章栄の世界標準の経営理論」では、この書籍のエッセンスを、著者の入山章栄氏自身が解説する。動画だけでも経営理論の面白さを十分に感じていただけるが、あわせて書籍を読んでいただくと、より理解が深められるだろう。

 第14回では、認知心理学ベースの進化理論について解説した。第15回となる今回は、まだ不完全な部分があるにもかかわらず、世界の経営学で注目を浴びるダイナミック・ケイパビリティを解説する。

【今回の動画で学べるTOPIC】
・ダイナミック・ケイパビリティはどのような理論を基盤にしているのか。
・リソースを組み合わせ直す能力がなぜ重要なのか。
・変化できる企業には、どのような理由があるのか。
・「ティース型」「アイゼンハート型」の違いは何か。

※本動画はダイヤモンド・オンラインで公開されたものと同一の内容です。

 

動画一覧は「入山章栄の世界標準の経営理論」よりご確認ください。

第2回以降の動画本編は会員限定です。『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー』の定期購読をされるか、法人向けプランにご加入のうえ、お楽しみください。

>> 定期購読のお申し込みはこちら

>> 法人向けプランのお申し込みはこちら


『世界標準の経営理論』